古都の味京都の味浜作 川端康成筆

新着情報

2020.4.27
夕刊フジ連載「あの人も愛した<京ぎをん浜作>」を公式HPにて期間限定で公開中です。詳しくはコチラ

2020.4.20
夕刊フジにて「あの人も愛した<京ぎをん浜作>」5日連続で連載中です。詳しくはコチラ

2020.4.10
大垣書店様より『名食決定盤』が発売されます。詳しくはコチラ

2020.01
『芸術新潮』2020年1月号より、“御贔屓御馳走帖”が巻頭連載中です。

2019.11.25
世界文化社様より『京ぎをん 浜作料理教室 四季の御献立』が発売されます。詳しくはコチラ

2017.11.6
厚生労働省より、第51回平成29年度の「卓越した技能者(現代の名工)」を受賞させていただきました。

新刊発売

  • 『名食決定盤』

    2020年4月8日『名食決定盤』

    川端康成や京都学派の面々、日本の誇る映画人達が集う場としていた名割烹を継ぐ氏の舌をうならせた和食、洋食等の数々を豊富なクラシック、ジャズに喩えながらご案内します。

    詳しくはこちら

  • 『京ぎをん 浜作料理教室 四季の御献立』

    2019年11月27日京ぎをん 浜作料理教室 四季の御献立

    11月で28年、2300回を迎えました
    お料理教室の集大成です。

    詳しくはこちら

  • 『浜作主人が語る 京料理の品格』

    2017年3月9日浜作主人が語る 京料理の品格

    浜作主人が語る辛口京都論
    京料理、日本料理の神髄について、料理法、食材、おもてなし……さまざまな観点から浮き彫りにします。

    詳しくはこちら

  • 和食の教科書 ぎをん献立帳』

    2013年11月29日和食の教科書 ぎをん献立帳

    日本最初の板前割烹の三代にわたる料理法を、ご家庭のお台所に活用して頂く、日本料理手引書の決定版。

    詳しくはこちら

  • 『和食の教科書 ぎをん丼手習帖』

    2015年6月4日和食の教科書 ぎをん丼手習帖

    「和食の教科書」シリーズ第2弾『ぎをん丼手習帖』が刊行。丼における基本の技から、季節を盛り込む上級の技まで、”浜作風”をあますところなく紹介しております。

    詳しくはこちら

お買い物

ぎをん時雨
  (ちりめん山椒)

名物”印籠煮”

そもそもこの品は酷暑に於ても永く保存でき、あたかも旅道中の印籠の如く持ち運びができるため、
その名を谷崎潤一郎先生に命名賜ったものでございます。

当店創業まもなく初代主人が、苦心考案の末独自の製法を開発し、以来七十有余年に亘って各界名士の方々にご贔屓頂いている逸品でございます。
お茶漬のお伴に、又お酒の佳肴として最適かと存じます。

浜作主人 敬白

詳しくはこちら

  • 印籠煮
  • ぎをん時雨
  • 都風流
  • 養老昆布
  • 鰆味噌漬