京ぎをん浜作

HOME > メディア掲載 > 雑誌

2016年4月9日

『料理王国』2016年 5月号発売中です

料理王国5月号2016

 

 

『料理王国』うなぎとブラームス

去年の春から始めさせて頂きました料理王国の連載も丸一年をすぎ今月で13回目を迎えさせて頂きます。お陰様で皆様のご好評を得て続けさせていただく事となりました。今回 は鰻とブラームスと言う表題でございます。

雑誌のHPへ

2016年3月19日

『料理王国』2016年4月号発売中です

『料理王国』My Favorite Things 「ウィーンのジャム」

料理王国四月号の連載のテーマはジャムでございます。
私の第一のお気に入りはウェーンのシュタウトの限定品のストロベリーとアプリコットであります。ダイエットむきは低糖のエディアールがオススメであります。

雑誌のHPへ

ジャム①ジャム②201604

 

2015年12月2日

Richesse(リシェス)2015年11月28日 発売号に掲載されました

 

12294843_1685464341701055_7606229682028793557_nRichesse-NO.14_width308

婦人画報のハイエンド、リシェス第14号は豪壮華麗な紙面の連続です。近頃珍しい程の河豚の特集であります。浜作も河豚を京都で一番早く献立に挙げました、冬の看板メニューであります。てっさと酒蒸しの二品だけ、やはり河豚はてっさと鍋だけが本筋でございましょうか。

 

2015年11月14日

『料理王国』12月号 発売中です

201512

料理王国、12月号、巻頭エッセイ第8回、お素人恐るべし。

毎月、料理王国さんに巻頭のエッセイを連載しております。今回で8回目になります。浜作に月一でお通い頂きます、御常連で境先生という福岡のお医者様がおいでになります。その方の打たれる更科蕎麦は、天下一品風味骨頂。正しく素人の域を遥かに超え、私の生涯最高のお蕎麦でございます。
京都の新進、洋菓子パティシエリー エスさんの素晴らしいモンブランについても書かせて頂きました。

雑誌のホームページへ

2015年5月11日

食の専門雑誌『料理王国』に掲載されました。

鰆のお皿_r1_c1鰆のお皿_r3_c1

 

料理王国、6月号巻頭連載第二段 今回のテーマは本当の京風とは でございます。大変烏滸がましい事ですが、川端道喜さんの粽、村上開新堂さんのゼリー、辻留さんの折り詰めの三つを京風の三絶とさせて頂いております。

雑誌のホームページへ